お葬式の種類について

お葬式の種類について お葬式と一口に言っても、お葬式には様々な種類がありますので、故人の遺志はもちろん、ご遺族の意志に合わせて式の内容を決めることが大切です。一般的なお葬式である一般葬の場合は、通夜やお葬式、告別式が全てセットになっている、古くから伝わる日本の式のスタイルになります。特にこだわりが無い場合はこちらのスタイルで行われることも多いですが、こちらのスタイルはどうしても日数がかかる事、費用がかかることもあり、別のスタイルを取る方も増えていているでしょう。

近年最も増加傾向にあるのが、家族葬のタイプです。その名の通り家族だけで執りおこなうスタイルのことで、家族だけでお葬式を行える分、故人とゆっくりとお別れが出来るとして人気を集めています。慌ただしくなく家族だけで最後の一時を過ごせるというタイプのスタイルですので、出来るだけ周囲の人に邪魔されたくないという方の場合はこちらもおすすめとなっています。

また、通夜から火葬までを全て1日で執りおこなう、一日葬も人気のスタイルです。1日で全ての流れを終えられますので遺族や参列者への負担が少なく、お別れを出来るタイプとして知られています。忙しい現代人にとって、従来の数日間かけて行うお葬式の種類は、スケジュール調整が大変になりますので、出来るだけ効率化を重視したタイプとして知られています。お葬式の種類は他にも、会社で行う社葬などのスタイルもありますので、故人の立場によってはこうしたスタイルも可能です。社葬の場合は会社で執り行うタイプの式ですので、会社側で費用を全額持って貰えることも多いため、御遺族の負担は減りますが、通常のお葬式とは少し趣向が異なり、会社関係者が参列することが多いタイプとなっています。そのため、家族での最期の別れの場と言うよりも、故人の関係者との挨拶という流れになる傾向があるでしょう。

また、こちらも近年人気が高いスタイルとして、直葬という形式があります。直葬は式を行わずに直接火葬を行うタイプのお葬式方法で、簡易的に費用を抑えて行えるタイプとして知られています。費用を大幅に抑えることができる反面、非常に簡易的ですので、親族から懸念が出る場合も少なくありません。このように様々な種類のお別れの方法がありますので、故人の遺志を尊重すると共に、御遺族の意志を尊重したスタイルを選べるように、色々と種類を比較して見ると良いでしょう。それぞれ種類によってかかる時間や費用なども全く異なります。

最新ニュース