一般的なお葬式

一般的なお葬式と書いて一般葬と呼ばれるタイプは、古くから日本に伝わる最も伝統的なお葬式方法として知られています。お葬式の参列者は親族のみならず、故人と生前関わりが深かった会社の方を始め、信仰のあったご友人や知人の方などにも広く連絡を行い、多くの方に見送られてお葬式を執りおこなうことが特徴です。故人との別れを皆で悼む、人間関係や社会関係を重視したタイプの式になります。

一般葬の場合は300名以下の規模のお葬式のことをさす場合が多く、家族葬に比べて大人数、社葬に比べると少人数で行われることが特徴です。故人の周囲の関係性を重視していますので様々な範囲から参列される方が多く、参列者同士で見知った方もいれば、全く会ったことが無いと言う方まで、非常に多くの方が集まります。

数日に渡り行われることも多いですが、それぞれ参列者は告別式のみ参列など自分の都合の良い日程や、全日程を通して訪れ、各自最後の挨拶、お焼香をあげて故人との別れを悼むことが特徴です。数日間にかけて行われることがほとんどですので、御遺族の負担がかかりやすいタイプではありますが、その分しっかりとお別れを出来る、多くの方が訪れやすいタイプの式として知られています。