会社で行うお葬式

会社で行うお葬式として知られているのが社葬です。通常お葬式は御遺族のどなたかが喪主となってお葬式が執りおこなわれますが、社葬の場合は法人や企業など、会社が喪主となってお葬式を行いますので、通常のタイプとは少し趣向が異なります。

社葬の場合は企業の重役や代表など、企業における重要人物を始め、仕事中に亡くなった社員などを対象にして行われるお葬式です。故人とのお別れという意味合いよりも、故人が亡くなったことを世に知らせる場、故人が亡くなった後も今後も企業を宜しくお願いしますというご挨拶の場として利用されることが多く、世代交代の挨拶の目的で使われる事も多いでしょう。営利目的とまでは言いませんが、通常のお葬式とは少し意味合いが異なるということを忘れてはいけません。

その為、社葬の前に家族のみで密葬などを執りおこなうことも多いため、御遺族はその点も準備しておくことが大切です。しっかりとお別れが出来ないまま火葬に至ってしまったということが無いように、社葬はあくまで会社のものという認識を深めておきましょう。社葬を執りおこなう企業側は、御遺族の意志を尊重する事を忘れずに、プランなどもきちんと比較して決めることが大切です。