家族で行うお葬式

故人との最期の別れを家族だけで行いたいという場合に重宝されているお葬式スタイルが家族葬です。通常のお葬式の場合、家族との別れを行う意味合いよりも、故人と生前親しかった方と故人の最期の別れの場として行われる傾向がありますので、家族は参列者への対応に追われてしまい、なかなかゆっくりと時間を割くことが出来ません。家族だけでゆっくりと最期の時間を過ごしたいという場合にこそ、正に家族葬はピッタリのお葬式と言えるでしょう。

家族葬の場合は、親族のみ数人で行われることがほとんどで、自宅で行うという場合もあります。本当に近しい方のみで行えますので、余計な気負いをする事無く、故人とゆったりと最後の一時を過ごせるのが特徴です。式場などを借りる場合でも費用負担が少ないため、気軽に執りおこないやすいと言えるでしょう。

ただし、家族葬の場合はどうしても故人へご焼香をしたいという方を後日対応したり、親族から不満が募る場合もありますので、その点は注意が必要です。親族には事前に家族葬にする旨や意味合いをきちんと伝え、ご焼香をする方を対応出来るように心の準備をすると共に、家族葬にする旨を慈善に丁寧に伝えておかないと、後からトラブルに繋がる恐れもあるので注意が必要です。