直葬はどんなお葬式?

お葬式の中でも特にシンプル、簡易的な式スタイルとして知られているのが直葬です。直葬の場合はお通夜や告別式などを一切行わずに、安置所から直接火葬場まで運んでもらった後、僧侶などの宗教者に火葬炉の前で簡単に供養してもらった後、そのまま火葬、収骨を行います。お葬式の中でも最も時間と費用がかからない方法として知られていますが、式や告別式などを行いませんので、お葬式では無く、葬送法の一種としての人気が強いでしょう。

費用面も時間面も最もかからないため、色々な部分を節約する為にはピッタリのスタイルですが、親族や故人の知人から不満が募ることも多く、後々トラブルに繋がるケースも少なくありません。きちんとしたお葬式の形ではない分、後から色々と言われる事もありますので、直葬を行う場合には出来るだけ事前に参列者に考えを伝えておくことが大切です。親族の場合には特に、しっかり納得してもらった上でお葬式を進めた方が良いでしょう。

本当に簡単なお別れの形式ですので、余程の事情が無い限りはあまりおすすめ出来ない簡易的なスタイルとなっています。もちろんダメという事ではないので、親族が納得したうえで希望するなら問題ありません。